あることについて考える場合に、同じ種類の物事を参考にして推測すること。類を同じくするものは、いつの時代にも根本的には変わることがないから、たとえば、今の人情でもって昔の人情を理解することができるということ。