この言葉は、西南戦争で西郷隆盛に発せられた有名な言葉である。

この時はもう西郷隆盛は日本にはいない。

この言葉を、希望の党代表に慎んで送る。

戻らず、カイロに行けばよかったのにと…

政治家には全く不向きな人だ。

多くの新人候補者を惑わせ、夢だけを与えた。

新人落選候補者も責任の一端はある。

政治家を目指す以上、人物を見抜く力がなければ政治家など志すべきではない。

ブームなど何も当てにならない代物だ。

肩書だけが立派でも政治の世界は通用しない。

新人候補の演説のお粗末さは目も当てられない。

例え大学で政治学を勉強したとしても、現実の政治は教科書通りにはならない。

野党第一党の枝野氏。

あなたは政権幹部にいたときにこう発言された。

放射能は「差し当たって健康には影響しない」と。

福島を見てみなさい。

どれだけ多くの子供たちが甲状腺がんに苦しんでいるのか。

あなた自身も政治家としての力は乏しい。

無所属候補は、殆ど当選したが元政権の幹部ではないか。

当時、どれだけの混乱をもたらしたか、皆さん覚えていますか。

当選させた地元は何を期待し願っているのか、理解できない。

これからどれだけ混乱するのか覚束ない。

小池さん。

池に石を投げれば波紋はどれだけ広がるのかご存知か。

政治家として何を成し遂げたのか胸に手を当てて考えるべきだ。

都知事の仕事もだ。

1年かけて成し得たのは「家庭内禁煙法案」だろう。

誰が取り締まる?

誰が訴える?

あなたか?

それとも家族か?

教えてほしい。

女性の社会進出を捻じ曲げた張本人はあなただよ。

あなたの理論はもう聞き飽きました。

久しぶりに腹の底から怒りがわいてきます、小池さん。