お騒がせしている話題の人の事ではありません。

これだけは何とかならんかと、いつも腹立たしく思う。

①歩きスマホで突然止まる人。

スマホに夢中になり、周りの事が全く見えていない。

メールなのか、電話なのか、何かの連絡事項なのか、突然その場に止まる。

流れが突然止まり、かわしていくのが至難の業である。

当然肩などぶつかることもある。

昔の女性は、片手にハンドバックと相場が決まっていた。

今は、バックとスマホを両手で持つ有様。

一度、自分の姿を見てごらん。

淑女が、泣くぞ、見っともないと。

 

②何とかならんか、車輪付きトランクのあの音。

ガラガラゴロゴロ。

歩道は凸凹だ。

静かな場所ほどよく響く。

集団で歩かれると、周りはガラガラゴロゴロ。

従来のトランクより、入れる中身が多いのだろう。

重くても引っ張れば、簡単に移動できる。

これは消費者ばかりの責任ではない。

頑丈に作ったメーカーにも責任がある。

頑丈なのは認めるが、消音を考えていない。

あのトランクで、絨毯やフローリングの上を引っ張ると、車輪の線がつく。

車輪付きトランクが、家や旅館の部屋に引っ張ったまま鎮座する。

それも車輪も拭かず、衛生的とは云えんなぁ。

靴だって玄関で脱ぐというのに、トランクはそのまま。

結構汚いと思うのだが、みんな平気みたい。

うちの家は、土足厳禁だから車輪を拭かせる。

一度拭いてごらん。

びっくりするぐらい汚れているから。

①と②の解決策。

歩いている時は、電源が自然に消える装置。

トランクの頑丈さより、防音装置の設置。

ハイブリッドの車より五月蠅いのは何故かと言いたい。