誰しも病気にはなりたくないもの。

年齢を重ねて病気になる人、また、若くして病気になる人。

遺伝性疾患は別として、あらゆる年齢層の中で病気とは無縁の人達がいます。

その人たちの考えを形成しているものは、『病気のことをよく熟知している』

もしくは、『病気にならない生き方』を実践していると云えます。

そして、病気の苦しさや根治までの辛さをよく理解しているとも云えます。

どうすれば、病気と無縁な生き方ができるのか、様々な角度から書き進めたいと思います。

テーマは、その都度変わりますがご参考までお読みください。