今回は、「呼吸器系疾患」を取り上げます。

意外と多いこの疾患は、細菌やウイルス感染や粉塵などの吸引、誤嚥が代表例です。

感染による肺炎や気管支炎がそれにあたります。

治療には、抗生物質や気管支拡張剤、消炎剤の投与が一般的です。

その他に、小型犬や肥満犬に多い「気管虚脱」はよく見られます。

消炎剤や咳止めを使用し、運動制限や過度の興奮を戒めます。

感染症の気管支炎や肺炎は事なきを得ますが、気管虚脱は対症療法であり、治すことはなかなか難しい病気です。

犬種により症状の出方に変化があり、パグなどは大きな鼾をかくことがしばしばです。

体質的に肥満傾向にあり、余りにもひどい場合は、外科的処置をする場合もあります。

呼吸器系疾患は、どの犬種にも共通にあります。

慢性的になりやすい為、治療を始めれば根気よく治るまですることが大切です。

慢性になれば、症状を和らげる方法しかなく完治は難しいと思ってください。

ヒトの呼吸器系疾患も同じようなことが云えます。

軽く考えないで早目に対処してください。