九州地方の災害。

生まれ育った地域、気が気ではない。

関西から西は、自然災害に子供の頃から何度経験したことか。

水害など当たり前であった。

そのため関東と違い、家の床が高く、柱が太く、屋根の勾配が緩やかだ。

戦後、水害は日常茶飯事であった。

しかし、今回は規模が大きい。

地方財政は、国頼りである。

都会と違い、整備する予算も不足しがちである。

日本の国土は、わずかな平野に多くの河川。

河川は、天井川が多く砂州で平野が作られている。

田や畑は、水を必要とする。

河川の周辺には多くの田畑がある。

水田はダムの役割を果たすが、予想外の雨はこの機能を台無しにする。

東京でこれだけの雨が降れば安全かというと答えは「NO!」だろう。

小河川は、暗渠化され下水に流れる雨水を処理できる能力があるのか疑問だ。

平野の一級河川は、すべて天井川だ。

運ばれた砂や人工的な埋め立てで広がった関東平野。

九州以上の被害が出そうである。

子供時代、何度か水害を経験しているが、後始末が大変である。

今のように水洗トイレではない。

若い人には何のこと? と云われるかも知れぬが「ボットントイレ」である。

そのため、後始末と同時に伝染病を防ぐ消毒が隈なくおこなわれる。

リヤカーに噴霧器を据え付け、白煙の消毒液を撒く。

水道はすぐに断水、井戸は汚染水で一杯。

生水は一切ご法度。

沸かして飲むのである。

今のようにペットボトルなどない時代だ。

若い人は想像できるだろうか。

こんな水害を何度も経験している。

亡くなった同級生もいた。

学校が始まれば、机の上に小さな花束。

想い出しても嫌な思い出だ。

熊本地震の後は水害の天災。

他国の援助より国内の整備だろう。

外遊中の総理。

日程を短縮し早期帰国なら許せるが、日程通りだと帰国後またやられるぞ。