まず一つ目。

秋篠宮様長女「眞子様」のご婚約報道。

紀子様がご成婚の時は、「紀子様ブーム」となる。

今回はどんなブームが訪れるのか楽しみである。

私見ではあるが、晩婚化にブレーキをかけてもらいたいものである。

晩婚の息子を持つ親として初めてわかることがある。

当人は何も考えていないようだが、親は相当に辛い。

息子とは、ゆうに歳の開きが2倍、孫に至っては35倍の開きである。

体力的に、とてもじゃないが相手は出来ない。

煩わしさと、異常な疲れが体を襲う。

是非、この晩婚化を若者たちが考えてほしいものだ。

お金の事ばかり心配しないで、昔のように「一人口は食えなくとも二人口は食える」を

実践してもらいたいものである。

 

二つ目。

昨年度のスマホ販売台数が3,000万台を超える。

しかし新規にスマホに切り替えた人は、ほとんど増えていない。

これは何を物語っているのだろうか。

言い換えれば「スマホ依存症」は増えていないということだ。

更に「通信貧乏」も増えていないということだ。

生活を切り詰め、通信費を払い続ける人たち。

食費を切り詰めれば、通信費のために体まで壊す。

「ネット社会」と云われて久しいが、あなたにはどんな恩恵があったのだろうか。