今話題の注意喚起のサイレン。

ネットで聞いてみました。

ミサイルが落下するまで、3分から5分。

果たしてどう身を隠すかである。

連日、マスコミでは、評論家それも軍事評論家の解説が流されている。

避難はどんなところがいいのか、ということである。

しかし、中東のアレッポの爆撃後を見ていると、どこに隠れようと同じような気がする。

スイスのように、各家庭にシェルターがあるのとは訳が違う。

直撃を受ければ隠れる場所などないに等しいのである。

大体にして、「軍事」は、絶対に秘密である。

この秘密の部分にどう触れようが真実は解らないのが現実であろう。

元防衛省の幹部のコメントも的を射たとはとても思えない。

秘密の部分はどんなことがあっても真実を明かさないであろう。

毎日毎日、北朝鮮。

そして、ロケット攻撃の話題ばかり。

子供の頃、防空壕跡で遊んだことを思い出す。

海岸沿いには、高射砲陣地もあった。

今の日本に隠れる場所などどこにもない。

戦争を想定していない国造りをしてきたのだ。

ショー化したワイドニュースは、不安感を煽るだけだ。

新聞をはじめとして、テレビマスコミは、真実を放送しているのか疑問符が付く。

論評はもう終わりにしてもらいたい。

北朝鮮関連の論評をしている人は特にそうだ。

あなたは、北朝鮮に住んだことがあるのかと。