『禍も三年たてば用に立つ』

今はわざわいとなっていることでも、いつかは自分のためになることもあるというたとえ。辛抱することの大切さをいったことば。また、世の中には無用なものはないということのたとえ。