『闇夜に鉄砲』

目標が定められず、当てずっぽうに物事を行う事のたとえ。また、やっても意味のないことや、まぐれ当たりのたとえも云う。