『我が寺の仏尊し』

自分のものがいちばんよいと思っていることのたとえ。