『禍は福の倚る所、福は禍の伏する所』

わざわいは幸福を招く原因となり、幸福もまた、わざわいの原因になる。禍福は互いに因果関係にあるということ。