『禍を転じて福となす』

災難や失敗を上手に処置し、工夫をこらすことによって、逆に成功や失敗のきっかけとしてしまうこと。